明日、風俗がなくなったら

いろいろとあるけど風俗は感度も大切

この前の風俗嬢は自分自身、とっても印象に残る一戦になったんじゃないかなって思っているんです。その理由は、風俗嬢が微乳だったからです。実は微乳に対してはどちらかといえばネガティブな気持ちの方が強かったんですよね。だって巨乳であればいろいろと出来ることが微乳相手では出来ないってことじゃないですか。それは大問題だろうって思っていたんですけど、ただ実際に彼女と楽しんでみると、巨乳風俗嬢にはないであろう武器があることに気付かされたんですよ。それは感度です。あれだけ敏感なボディは初めてかもしれません。少し刺激するだけで腰をくねらせるし、顔が赤らんでいるしそわそわしているし。感度の良さもさることながら、彼女の反応も可愛らしくてツボだなって思ったんですよね。これは素晴らしいなと。だからその日はいつも以上に自分でも燃える一戦となりましたし、風俗では感度にこだわるのもありなら、噂通り微乳を狙ってみるのも悪くはないのかなって思いましたよ。

風俗で知った「女」

風俗で女を知りました。遠回しに言ってもよく分からないかもしれないですが、簡単に言えば童貞を卒業したのは風俗って話ですね。それまで童貞であることが自分なりに多少のコンプレックスになっていました。早く解消したいとは思っていても、実際に解消できる当てもない。その焦りが悪循環を生んで、さらには女性という存在そのものが遠いだけに、いざ女性の前に立つとかえって緊張してしまって挙動不審になったり。そんなことも珍しくありませんでしたけど、その悪循環を断ち切るべく、風俗で大人になりました。ソープに行くまでにもいろいろな風俗のお世話になっていたんですけど、童貞卒業は恋人と…なんて淡い夢を見ていたんですよね。でも現実をかみしめて、ソープで大人になろうと。とにかく緊張しましたよ。ずっと胸がバクバクしていたのを覚えていますし、途中からあまりにも緊張しすぎて何をしたのかさえよく覚えていませんし。でも、「男」になりました。