明日、風俗がなくなったら

性感マッサージはハマる要素がある

性感マッサージにハマってしまったかもしれません(笑)興味本位だったんですよ。いろいろな風俗で遊んでいるので、まだ遊んだことがない風俗でもって思った時に性感マッサージ位しかなかったんですよ。今まで食わず嫌いというよりも、あまり視界に入らなかったんですよね。そもそも、性感マッサージがどのような風俗なのか本当の意味で良く分かっていなかった部分もあるんですよ。だからどうなんだろうって気持ちがあったんですけど、実際に試してみて、これが性感マッサージの世界なのかと納得出来ました。とっても楽しいのは言うまでもないんですけど、自分の受け身の部分にマッチしていたんです。いかもこっちから「別に攻めたい訳じゃないんです」とか告げる訳でもないんですよね。性感マッサージという風俗が女の子が男に奉仕することがメインの風俗なので、自分が攻める必要はないけど、でもそれに対して申し訳ないって気持ちを持つ必要もないんですよね。

水着って実はいいのかもしれない

この前の風俗ではコスプレを楽しんだんですけど、初めてですね。何度かコスプレのお世話になったことはありましたけど、その時はオーソドックスなものを楽しんでいたんです。コスプレを狙いに来たんじゃなくて、風俗に来たらコスプレもやっていた。そんな形だったんです。今回もそうなんですけど、水着だったんです。しかもそれはスクール水着ではなくて、普通の水着。下着とも違うし、かといってスクール水着とも違う普通のセパレートタイプの水着。グラビア雑誌だとかで見慣れているって思っていたんですけど、海に行かない男にとって、自分の目の前に水着の女の子がいるって言うシチュエーションそのものがかなり興奮したんです。だっていわば非日常じゃないですか。それこそ風俗で見なれている分、下着姿の方がまだ日常的なんじゃないかなって思ったんですよね。。だからこそ、自分でも相当燃えました。素直に水着でのプレイって楽しいなって思いましたしね。