明日、風俗がなくなったら

美人とのリアルな一戦でした

彼女は雰囲気の作り方がとても上手な風俗嬢だなって思いましたね。なぜそう思ったのかって、彼女は雰囲気の作り方がとっても上手だったんですよ。どうすれば男が興奮するのか、そこまで良く理解している風俗嬢だったんです。だから彼女に任せていれば、こっちはただそれだけで勝手にどんどん興奮していくだけだったので、ある意味とっても楽でしたね。それに、風俗ってどんな展開になるのか分かりませんけど、自分は今回のように「リアル」な一戦が好きなんですよ。もしかしたらこれはプライベートなんじゃないか…。風俗で楽しんでいると言うことを忘れさせてくれるような彼女との一戦こそ、自分の中の理想にとっても近いものだったんです。きっとホテルの雰囲気も良かったのかもしれません。狭すぎず、広すぎず。そのおかげで彼女と絶妙の距離感を取ることが出来たので、そこも結局は楽しさに寄与してくれた部分でもあるんじゃないかなって思ったんですよね。

次第にハマっていったんですよね

初めて風俗で遊んだ時のことは今でも覚えていますけど、その時にはまさかここまでずっと風俗のお世話になるとは思っていませんでした。それこそ「何となく」お店に行って抜いてもらって。本当にそれだけだったんです。でもいつしか、自分なりに積極的に楽しまないと勿体ないよなって気持ちになっていって、そしてホームページを見たり、メルマガに登録したりと自分なりに楽しめることを楽しむようになってきて。そして気付いたら今のように、毎日のようにホームページを見る日々になっていたんですよね。自分でも驚きとしか言えませんけど、それくらい自分の中では風俗の存在が大きいんです。ストレス解消とか、嫌なことがあったら癒されたり。単純に快感を求めるのだってありですよね。いろいろなことを楽しめるとあって、風俗は本当に自分の思うように楽しめるものだなって思いますよね。むしろそれが何より面白いからこそ、どんどん風俗にハマったのかなって。