明日、風俗がなくなったら

かつてでは考えられない

かつての自分からは考えられないくらい、今では風俗の世界にどっぷりと浸かっています。そのきっかけとなったのは、とある風俗嬢だったんです。彼女との出会いが自分の中で風俗熱を加速させることになったんです。その相手はとある風俗店にいたUちゃんなんです。彼女がとっても可愛かったんです。それまで風俗では割と淡々とプレイするタイプだったんですけど、彼女はこちらにグイグイ来てくれる子だったんですよね。それでこっちもつい彼女のペースにはまってしまって、その時間はあっという間に過ぎて行ったのを覚えているんです。楽しさだけじゃなく、ドキドキもしました。その日の帰り道は、風俗ってこういった楽しみ方もあるんだなってことをずっと思っていましたね。それ以来、しばらく彼女をしめいしていたんです。そこからもっと違う子も指名してみようかなとか、自分なりにいろいろと楽しみたいなって思うようになっていって、風俗そのものにハマっていったんです。

案外アクティブな自分なんです

自分自身、意外とアクティブだなって感じる時があるんです。それは風俗です。風俗の時だけはアクティブだなって思うんですよね(笑)それ以外のシチュエーションで自分がアクティブだなって思うようなことは一切ないんですよ。でも風俗の時だけは自分自身「自分はこんなにアクティブな人間だったんだな」と思うこともあるんですよね。例えば気になるお店や女の子を見つけたらとりあえず電話するんですよ。まずは電話してみることによって、相手の反応が分かるじゃないですか。それが分かるだけでも自分の気持ちに影響が出るんです。応対の良いお店の方がレベルの高い風俗嬢がいるってことにも気付かされましたしね(笑)それだけじゃないんです。自分からいろいろと探すことこそがとっても楽しい部分もあるんですよね。だから自分自身、風俗ではアグレッシブにという気持ちを持って楽しむよう、心掛けているんですよ。結局その方が自分も楽しいなって思えるものなんです。